コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断熱定理 だんねつていりadiabatic theorem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断熱定理
だんねつていり
adiabatic theorem

ある力学系において,外部変数を無限にゆるやかに変化させるとき,エネルギー一定の面で囲まれた位相空間体積は不変に保たれるという定理。統計力学によると,この体積は系のエントロピーを与えるので,この変化は熱力学における断熱変化に対応する。またこの変化のときの全エネルギーの変化 δE は,外部変数の変化を δy とすると,δE=<δHy>δy で与えられる。右辺は外部から系にした仕事に等しい。ただし H は系のハミルトニアン,<> は統計力学的な平均を表わす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

断熱定理【adiabatic theorem】

系のパラメータ yii=1,2,…,n)を微少量(δyi)だけ断熱的に変化させたとき,系のエネルギー変化 δE は,系のハミルトニアン H を用いて

で与えられる.ここで〈 〉は統計力学的平均または量子力学的平均を意味している.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

断熱定理の関連キーワード右辺

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android