コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断熱変化 だんねつへんか adiabatic change

6件 の用語解説(断熱変化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断熱変化
だんねつへんか
adiabatic change

系が外との間に熱の出入りなしに行う状態変化。これに対して,熱の出入りは許すが系の温度を一定に保ちながら行う状態変化を等温変化という。理想気体が準静的な断熱変化を行う場合,ポアソンの法則が成り立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だんねつ‐へんか〔‐ヘンクワ〕【断熱変化】

熱力学で、外部との熱の出入りなしに行われる物体の状態変化。気体の場合、その温度は断熱圧縮によって上がり、断熱膨張によって下がる。また、状態変化の過程を断熱過程という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

断熱変化【だんねつへんか】

外部との間に熱の出入なしに起こる物体の状態変化。気体では断熱膨張断熱圧縮があり,前者では気体が外部にした仕事だけ内部エネルギーが減って温度が下がり,後者では外部からされた仕事により温度が上がる。
→関連項目エントロピー(熱)カルノーサイクル極低温断熱減率等温変化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だんねつへんか【断熱変化 adiabatic change】

熱の出入りなしに行われる状態変化。断熱変化でも温度変化が起こり,通常,物体を断熱的に圧縮(断熱圧縮という)すると温度が上昇し,逆に断熱的に膨張(断熱膨張という)させると温度は下がる。ただし,ゴムのように熱膨張率が負のものでは断熱的に引き伸ばすと温度が上昇する。エントロピーは,断熱変化が可逆過程であれば不変であるが,不可逆過程では増加する。理想気体が準静的に断熱変化するときには, pv=一定 または Tvγ-1=一定の関係がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だんねつへんか【断熱変化】

熱力学で、熱が出入りすることなく行われる物体の状態変化。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

断熱変化
だんねつへんか

外部との間の熱量の出入りがないように保持された変化。断熱過程ともいう。この変化を実現するのには、物体(作業体)を完全な熱絶縁物(無限大の熱抵抗率をもつ物質)で囲めばよい。完全な熱絶縁物は実際には存在しないから、断熱変化という概念は、厳密には、理想気体という概念などと同様に、熱力学で考える理想的なものである。一方、熱の移動速度は遅いので、周波数が1ヘルツ程度以上の交流的変化では、内部・外部間の熱の移動は無視することができて、この変化は断熱変化と考えることができる。これが断熱変化を近似的に実現する一つの方法である。
 断熱変化には断熱可逆変化と断熱不可逆変化とがある。熱力学によると、考える体系が外部から微少な熱量d´Qを吸収して、この系のエントロピーSがdSだけ変化するとき、この変化が可逆であればdS=d′Q/Tという等式が、不可逆であればdS>d′Q/Tという不等式が成立する。ただし、Tはこの系の絶対温度である。断熱変化ではd´Q=0であるから、断熱可逆変化ではdS=0であり、断熱不可逆変化ではdS>0である。すなわち、一つの系が断熱的に保持されているとき、そのなかにおこる変化が可逆的なものだけならば、Sは一定に保たれるが、系のなかにおこる変化は、厳密にはすべて不可逆であるから、結局、外界から熱的に絶縁された系においては、なんらかの変化がおこるたびに、この系のエントロピーは増大する一方である。これがエントロピー増大の原理とよばれるものである。[沢田正三]

気象

断熱変化には断熱冷却と断熱昇温があり、前者には系の膨張、後者には系の圧縮が伴う。たとえば、空気粒子が上昇するときは周囲の気圧が低くなるので、空気粒子は膨張する。このとき、粒子と周囲との間に熱の交換がないとすれば、膨張に必要なエネルギーは空気粒子の内部エネルギーによって充当されるので、その分だけ内部エネルギーが減少し、それに応じて、空気粒子の気温は低下する。これが断熱冷却である。一方、空気粒子が下降するときは、空気粒子は圧縮され、断熱昇温をおこす。大気の運動は、多くの場合、断熱的であると考えてよい。水蒸気を含んだ空気の上昇運動に伴う断熱冷却と水蒸気の凝結は、雲の生成の主要な要因である。また、フェーン現象は断熱変化のもっとも典型的な例として知られている。[股野宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の断熱変化の言及

【気体】より

…ただし,これらの値は常温付近におけるもので,高温あるいは低温ではこれらの値と違ってくる場合がある。
[断熱変化]
 熱の出入りがないようにしたときの状態変化を一般に断熱変化という。理想気体の断熱変化では,圧力p,体積Vとの間に, pVγ=一定の式が成立する。…

※「断熱変化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

断熱変化の関連キーワード断熱膨張川入り出入り口等圧変化御出入り定積変化断熱圧縮ガス遮断性ポアッソンの法則(断熱変化)偽断熱変化

断熱変化の関連情報