断琴の交わり(読み)ダンキンノマジワリ

大辞林 第三版の解説

だんきんのまじわり【断琴の交わり】

〔「列子湯問」にある語。琴の名手伯牙が、自分の琴を唯ひとり解する鍾子期の死にあって、弦をみずから断ち、生涯奏することがなかったという故事から〕
きわめて親密な交友・友情。伯牙絶弦。断金の契ちぎり。琴の緒絶ゆ。 → 知音ちいん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だんきん【断琴】 の 交(まじ)わり

(昔、伯牙が自分の琴を聞いてこれを解し得た鍾子期を唯一の友とし、子期の死とともにその琴の弦を断って一生琴を手にしなかったという故事から) 非常に親密な友情・交際。断金の契り
洒落本・蕩子筌枉解(1770)少年行「日ころ断琴(ダンキン)のまじはりとて一めんのことをかしてうちころさせるほどの中なれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android