コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断裂法 だんれつほうinterrupted version

2件 の用語解説(断裂法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断裂法
だんれつほう
interrupted version

断裂図法 interrupted projectionまたは複中心図法 recentred projectionsともいう。地図主点または中央経線をいくつも設けて,地域ごとに作図し,地域の境は切れたままとし,赤道や適当な緯線に沿って接続させて一つの地図にする地図投影法の総称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

断裂法
だんれつほう
interruption

世界全図に用いる地図投影の変形の一種で、地域ごとに中央経線を選んで作図した地図を、共通の線に沿ってつなげる方法。たとえば赤道に沿ってつないで全体の地図にする方法は代表的であり、アメリカのグードJohn Paul Goode(1862―1932)による1923年発表の断裂グード図法はその例である。断裂法で作成された地図は、海洋または大陸の単位地域ごとの地図投影のひずみを少なくし、単位地域内の位置関係は視覚的に分かりやすくなるが、裂け目に沿う部分のつながりは分からなくなる。図法本来の名称に「断裂」を冠した名称のほかに、地図全体の形状に基づいた「星型図法」などがある。[金澤 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

断裂法の関連キーワードSurface440FX阪本章史SurfaceGoogle Earth ProApple PencilSurface17歳のカルテわが愛は終りなしメモリースティック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone