コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井文山 あらい ぶんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井文山 あらい-ぶんざん

1779-1851 江戸時代後期の儒者。
安永8年生まれ。江戸で佐藤一斎,松崎慊堂(こうどう)にまなぶ。郷里安房(あわ)(千葉県)の館山(たてやま)藩主稲葉正巳(まさみ)にその学識をみとめられ,士分にとりたてられる。のち郡奉行となった。嘉永(かえい)4年7月24日死去。73歳。本姓は林。名は升,世傑。字(あざな)は宏明。通称は潤蔵,文左衛門。別号に漁々翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新井文山の関連キーワード新井世傑儒者

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android