コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊佐木斎 ゆさ ぼくさい

1件 の用語解説(遊佐木斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遊佐木斎 ゆさ-ぼくさい

1659*-1734 江戸時代前期-中期の儒者。
万治(まんじ)元年12月16日生まれ。米川操軒,中村惕斎(てきさい),山崎闇斎らにまなぶ。仙台藩主伊達綱村につかえ,儒学,垂加神道をおしえた。佐久間洞巌ら門人多数。享保(きょうほう)19年10月16日死去。77歳。陸奥(むつ)栗原郡(宮城県)出身。名は好生。通称は次郎左衛門。著作に「皇極内篇発微」「敬説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

遊佐木斎の関連キーワード荒木武兵衛石井暮四大町敦素岡昌倫奥村重旧小出英利後藤清乗(2代)志水延清寸法斎貞佐(1)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone