コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊佐木斎 ゆさ ぼくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遊佐木斎 ゆさ-ぼくさい

1659*-1734 江戸時代前期-中期の儒者。
万治(まんじ)元年12月16日生まれ。米川操軒,中村惕斎(てきさい),山崎闇斎らにまなぶ。仙台藩主伊達綱村につかえ,儒学,垂加神道をおしえた。佐久間洞巌ら門人多数。享保(きょうほう)19年10月16日死去。77歳。陸奥(むつ)栗原郡(宮城県)出身。名は好生。通称は次郎左衛門。著作に「皇極内篇発微」「敬説」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遊佐木斎の関連キーワード浅井了意ホイヘンス浅井了意天文学史(年表)岡昌倫奥村重旧リッチリッチ平敷屋朝敏シャルダン