コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊佐木斎 ゆさ ぼくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遊佐木斎 ゆさ-ぼくさい

1659*-1734 江戸時代前期-中期の儒者。
万治(まんじ)元年12月16日生まれ。米川操軒,中村惕斎(てきさい),山崎闇斎らにまなぶ。仙台藩主伊達綱村につかえ,儒学,垂加神道をおしえた。佐久間洞巌ら門人多数。享保(きょうほう)19年10月16日死去。77歳。陸奥(むつ)栗原郡(宮城県)出身。名は好生。通称は次郎左衛門。著作に「皇極内篇発微」「敬説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

遊佐木斎 (ゆさぼくさい)

生年月日:1658年12月16日
江戸時代前期;中期の陸奥仙台藩儒
1734年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

遊佐木斎の関連キーワード伊達氏治家記録佐久間義方生年月日崎門学派黒沢東蒙菅原南山留守希斎新井滄洲中期

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android