コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井素子 アライモトコ

2件 の用語解説(新井素子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あらい‐もとこ〔あらゐ‐〕【新井素子】

[1960~ ]小説家。東京の生まれ。本姓、手嶋。高校在学中に「あたしの中の…」で第1回奇想天外SF新人賞に佳作入選し作家デビュー女学生話し言葉を取り入れた独特の文体で注目される。「チグリスとユーフラテス」で日本SF大賞受賞。他に「グリーン・レクイエム」「ネプチューン」「おしまいの日」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井素子 あらい-もとこ

1960- 昭和後期-平成時代のSF作家。
昭和35年8月8日生まれ。16歳のとき「あたしの中の…」が奇想天外SF新人賞の佳作となる。若者の話し言葉をとりいれた独特の文体と,少女漫画ににたフィーリングのSFファンタジーが中高生の支持をえる。平成11年「チグリスユーフラテス」で日本SF大賞。東京出身。立大卒。本名は手嶋素子。作品に「グリーンレクイエム」「ネプチューン」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

新井素子の関連キーワード宮部みゆき山田正紀横田順弥石川喬司梶尾真治川又千秋平井和正光瀬竜矢野徹小野不由美

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新井素子の関連情報