コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井素子 アライモトコ

デジタル大辞泉の解説

あらい‐もとこ〔あらゐ‐〕【新井素子】

[1960~ ]小説家。東京の生まれ。本姓、手嶋。高校在学中に「あたしの中の…」で第1回奇想天外SF新人賞に佳作入選し作家デビュー。女学生話し言葉を取り入れた独特の文体で注目される。「チグリスとユーフラテス」で日本SF大賞受賞。他に「グリーン・レクイエム」「ネプチューン」「おしまいの日」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井素子 あらい-もとこ

1960- 昭和後期-平成時代のSF作家。
昭和35年8月8日生まれ。16歳のとき「あたしの中の…」が奇想天外SF新人賞の佳作となる。若者の話し言葉をとりいれた独特の文体と,少女漫画ににたフィーリングのSFファンタジーが中高生の支持をえる。平成11年「チグリスユーフラテス」で日本SF大賞。東京出身。立大卒。本名は手嶋素子。作品に「グリーン・レクイエム」「ネプチューン」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新井素子の関連キーワードグリーンレクイエムティーンズノベルNeptune結婚物語新婚物語新井

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android