コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新孤立主義 しんこりつしゅぎnew isolationism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新孤立主義
しんこりつしゅぎ
new isolationism

モンロー主義を前提として 1960年代の後半期からアメリカで使われはじめた用語。以前の,防衛策としての消極的孤立主義とは異なり,アメリカ第一主義的・積極的である。具体的には,ベトナムからの撤収対外援助の削減など,対外問題を縮小して国内問題を重視すべきだという考え方

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

新孤立主義【しんこりつしゅぎ】

米国の外交政策上の原則の一つ。第2次大戦以後顕著となった過大な国際政治への関与や対外的な干渉政策の制限を主張するもの。1950年代から現れ,孤立主義の系譜を継ぐものだが,国際政治の主導権は確実に掌握しておこうとする点で孤立主義とは異なる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

新孤立主義の関連キーワードタフト

新孤立主義の関連情報