コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄厚信 しんじょう あつのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄厚信 しんじょう-あつのぶ

1834-1903 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)5年4月生まれ。備前岡山藩士。藩論尊王みちびき,外交掛として幕長戦争阻止につとめる。維新後,柏崎県権知事,岡山県権令などを歴任。のち第二十二国立銀行の頭取,岡山市長をつとめた。明治36年3月8日死去。70歳。本姓は石野。通称は作右衛門。号は載庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新庄厚信の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android