コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄直彪 しんじょう なおとら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄直彪 しんじょう-なおとら

1839-1865 江戸時代後期の大名。
天保(てんぽう)10年生まれ。新庄直計(なおかず)の5男。4人の兄が早世したため,弘化(こうか)2年7歳で常陸(ひたち)(茨城県)麻生(あそう)藩主新庄家(第2次)8代をつぐ。藩内の風紀粛正,文武の奨励などを推進。元治(げんじ)元年の天狗(てんぐ)党の乱では,幕命をうけて争乱のとりしずめにあたった。慶応元年7月4日死去。27歳。通称は亀次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新庄直彪の関連キーワード新庄直〓(「爻」に“頁(おおがい)”)

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android