コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄直詮 しんじょう なおのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄直詮 しんじょう-なおのり

1665-1708 江戸時代前期-中期の大名。
寛文5年生まれ。新庄直時の長男。母は新庄直好(なおよし)の娘。延宝5年13歳で常陸(ひたち)(茨城県)麻生(あそう)藩主新庄家(第2次)2代をつぐ。天和(てんな)元年上野(こうずけ)沼田城の破却にあたる。常陸笠間(かさま)城の在番,常陸下館(しもだて)の城地受け取りの役をつとめた。宝永5年3月16日死去。44歳。通称は主殿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新庄直詮の関連キーワード松平親純新庄直祐松平直員