コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄直好 しんじょう なおよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄直好 しんじょう-なおよし

1599-1662 江戸時代前期の大名。
慶長4年生まれ。新庄直定(なおさだ)の長男。父とともに大坂冬・夏の陣に出陣。元和(げんな)4年(1618)常陸(ひたち)(茨城県)麻生(あそう)藩主新庄家(第1次)3代をつぐ。のち遠隔の下野(しもつけ)(栃木県)石橋の所領1万石を常陸土浦にうつすことをゆるされた。寛文2年7月22日死去。64歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新庄直好の関連キーワード新庄直時新庄直詮新庄直矩

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android