コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主殿 シュデン

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐でん【主殿】

屋敷内の中心となる建物。御主殿。
主殿寮(とのもりょう)の下級役人。とのもり

との‐も【主殿】

とのもり(主殿)」の略。
「―の女官御清めなどに参り果てて」〈・二七八〉

との‐もり【主殿/殿守】

主殿寮(とのもりょう)の下級役人。
宮中の雑役や、蔵人(くろうど)拝賀のとき賜る湯づけの給仕をした女官

ぬし‐どの【主殿】

[代]二人称の人代名詞。同輩以下を敬っていう語。あなた。
「いかに、―は拝み奉るや」〈宇治拾遺・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅでん【主殿】

屋敷の中の最も主要な建物。表座敷・寝殿など。

とのも【主殿】

「とのもり(主殿)」の略。 「 -の女官/枕草子 278

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

主殿の関連キーワード四条宮主殿主殿伴御奴市来 政方殿守伴御奴実検の間人数立て鈴鹿正路主殿造り殿守官人松平忠房主殿官人人代名詞表座敷りょう屋敷内枕草子槍の間朝清め主殿造三山冠

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主殿の関連情報