主殿(読み)シュデン

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐でん【主殿】

屋敷内の中心となる建物。御主殿。
主殿寮(とのもりょう)の下級役人。とのもり

との‐も【主殿】

とのもり(主殿)」の略。
「―の女官御清めなどに参り果てて」〈・二七八〉

との‐もり【主殿/殿守】

主殿寮(とのもりょう)の下級役人。
宮中の雑役や、蔵人(くろうど)拝賀のとき賜る湯づけの給仕をした女官

ぬし‐どの【主殿】

[代]二人称の人代名詞。同輩以下を敬っていう語。あなた。
「いかに、―は拝み奉るや」〈宇治拾遺・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅでん【主殿】

屋敷の中の最も主要な建物。表座敷・寝殿など。

とのも【主殿】

「とのもり(主殿)」の略。 「 -の女官/枕草子 278

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐でん【主殿】

〘名〙
① 屋敷の中の、もっとも主要な建物。具体的には寝殿表座敷客殿などにあたる。
義経記(室町中か)八「兼房は楯を後にあてて、しゅでんの垂木に取りつきて」
② 天皇即位儀式の時、香炉の火をつかさどる役。主殿寮官人を充てることからいう。
※儀式(872)五「主殿、図書各二人以次東西、就爐焼香」
③ 主殿寮(しゅでんりょう・とのもりょう)②の下司。とのも。
④ 権勢ある貴人の家(日葡辞書(1603‐04))。

との‐も【主殿】

〘名〙 「とのもり(主殿)」の略。
※枕(10C終)二七八「とのもの女官御きよめなどにまゐりはてて、起きさせ給へるに」

との‐もり【主殿】

〘名〙 (「殿守り」の意) =とのもりづかさ(主殿寮)
書紀(720)神武二年二月(熱田本訓)「其苗裔、即ち葛野主殿(トノモリ)の県主部是なり」

ぬし‐どの【主殿】

〘代名〙 (「どの」は接尾語) 対称。「ぬし(主)(二)(二)①」をさらにていねいにいう語。
※宇治拾遺(1221頃)八「いかにぬし殿は拝み奉るやといひければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

主殿の関連情報