主殿(読み)シュデン

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐でん【主殿】

屋敷内の中心となる建物。御主殿。
主殿寮(とのもりょう)の下級役人。とのもり

との‐も【主殿】

とのもり(主殿)」の略。
「―の女官御清めなどに参り果てて」〈・二七八〉

との‐もり【主殿/殿守】

主殿寮(とのもりょう)の下級役人。
宮中の雑役や、蔵人(くろうど)拝賀のとき賜る湯づけの給仕をした女官

ぬし‐どの【主殿】

[代]二人称の人代名詞。同輩以下を敬っていう語。あなた。
「いかに、―は拝み奉るや」〈宇治拾遺・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅでん【主殿】

屋敷の中の最も主要な建物。表座敷・寝殿など。

とのも【主殿】

「とのもり(主殿)」の略。 「 -の女官/枕草子 278

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android