コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新待賢門院 しんたいけんもんいん

美術人名辞典の解説

新待賢門院

後醍醐天皇の後宮。後村上天皇の御母藤原廉子。太政大臣従一位洞院公賢の養女。後醍醐天皇の皇后藤原禧子に従って中宮に入侍し、のち召されて天皇の内女房となる。才色があり天皇の寵を受けた。後村上天皇即位の後皇太后と尊称され、のち新待賢門院と称された。正平14年(1359)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

新待賢門院

没年:安政3.7.6(1856.8.6)
生年:享和3.11.1(1803.12.14)
幕末の后妃。孝明天皇の生母。正親町実光の娘。母は四辻公亨の娘千枝子。名は雅子。文政3(1820)年仁孝天皇の後宮に入り,典侍となる。孝明天皇を含め3皇子,1皇女を儲けた。孝明天皇践祚後に宮中を退き藤大納言局と称せられ,従三位に叙せられた。その後,女院号と屋敷地のことなどが議せられ,幕府が諸入用を進上した。嘉永3(1850)年准后宣下および院号宣下を受ける。明治維新後,女院の制度は廃止されるので,后妃制度上,最後の女院である。なお,新待賢門院という院号は,かつて後村上天皇の生母阿野廉子にも用いられている。墓は京都泉涌寺山内の月輪陵域にある。<参考文献>『孝明天皇紀』全5巻

(久保貴子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新待賢門院
しんたいけんもんいん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

新待賢門院 (しんたいけんもんいん)

生年月日:1803年11月1日
江戸時代末期の女性。仁孝天皇の宮人
1856年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の新待賢門院の言及

【阿野廉子】より

…32年(元弘2)3月後醍醐天皇の隠岐配流に際しては三位内侍としてこれに従い,天皇還幸後,准三宮に叙せられ,建武政府の中枢にたびたび口入(くにゆう)することがあったといわれる。51年(正平6∥観応2)南朝において院号宣下をうけ,新待賢門院と称した。59年吉野で49歳で死去。…

【女院】より

…991年(正暦2)9月一条天皇の生母皇太后藤原詮子が病により出家したため,出家後の詮子の処遇が問題になり,皇太后を止め,改めて東三条院の院号を宣下し,太上天皇に准ずる待遇を与えたのが初例である。以後,1850年(嘉永3)2月,孝明天皇の生母藤原雅子が新待賢門院の院号を宣下されるまで,詮子も含めて女院号を授けられた者は107名(このうち2度院号宣下を被った者があり,院号例は108)である。 院号宣下は,初例の東三条院の場合は出家による后位の停廃に基づき,第2例の太皇太后藤原彰子も1026年(万寿3)1月出家により上東門院の号を授けられたが,第3例の禎子内親王が陽明門院の女院号宣下を被ったのは1069年(延久1)2月で,すでに出家から二十数年を経ており,以後,出家と女院号宣下は必ずしも関係はなくなった。…

※「新待賢門院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新待賢門院の関連キーワード恒良親王(つねながしんのう)護良親王(もりよししんのう)阿野廉子(あのれんし)伊賀局(1)惟子内親王正親町実正祥子内親王阿野実為護良親王生年月日恒良親王成良親王阿野実廉節仁親王

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android