コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿野廉子 あののれんし

4件 の用語解説(阿野廉子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿野廉子
あののれんし

[生]応長1(1311)
[没]正平14=延文4(1359).4.29.
南北朝時代後醍醐天皇の後宮。公廉の娘。後醍醐天皇の寵愛を受け,後村上天皇恒良親王成良親王の母。後醍醐天皇に従って隠岐,吉野におもむき,正平6=観応2 (1351) 年,新待賢門院の院号を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿野廉子 あの-れんし

1301-1359 鎌倉-南北朝時代,後醍醐(ごだいご)天皇の妃。
正安(しょうあん)3年生まれ。阿野公廉の娘。洞院公賢(きんかた)の養女。天皇の寵愛(ちょうあい)をうけ,後村上天皇,恒良(つねよし)親王,成良(なりよし)親王らを生む。天皇の隠岐(おき)配流にしたがい,建武(けんむ)新政府のもとで准三宮(じゅさんぐう)となり,権勢をほこった。吉野遷幸にも同行し,南朝から新待賢門院の院号をうける。「新葉和歌集」に20首のる。延文4=正平(しょうへい)14年4月29日死去。59歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

阿野廉子

没年:延文4/正平14.4.29(1359.5.26)
生年:正安3(1301)
鎌倉・南北朝時代,後醍醐天皇の寵を受け,建武政権を支え,後村上天皇生母として南朝を支えた女院。阿野公廉の娘。後醍醐天皇中宮禧子の入内にともない,内侍となる。ほどなく後醍醐の寵愛を受けて,恒良親王,成良親王,義良親王(後村上天皇),祥子内親王,惟子内親王の3男2女を生んだ。後醍醐の乳母の夫の洞院公賢の養女となり,従三位に叙せられて,「三位殿の御局」と呼ばれている。『太平記』には,才色兼備で「殊艶」のみならず「便佞」であるので,後醍醐の数多い寵姫のなかでも一番のお気に入りで,どこに行くにも一緒であったと記している。内侍として,宮廷の内政に能力を発揮したと思われる。元弘の変(1331)によって後醍醐が隠岐に配流されたときも同行した。建武政権樹立後は准三后になり,恒良を皇太子に,祥子を斎宮に立てている。さらに末の6歳の義良を北畠親房に委ね,陸奥に旅立たせ,次に成良を足利尊氏・直義兄弟に預けて関東に行かせている。新政の2大勢力に2子を委ねざるをえなかったのであろう。のちに恒良・成良兄弟は,足利氏によって殺されたり,幽閉ののちに死んでいる。新政瓦解後,吉野にあって後醍醐を助け,その亡きあとは後村上を助けて南朝勢力の結集に努め,所領の安堵などを行っている。正平の一統(1351)という和議が成立したとき,朝廷において新待賢門院という女院となったが,南朝は京都を占領できず,賀名生行宮に逃げ帰った。 『太平記』は雌鶏朝を告げる例として,廉子を悪く書いている。北畠顕家の死に臨んでの上奏文も廉子を暗に非難している。しかし,後醍醐の片腕として,後村上を背後より支える力として,南朝において廉子の果たした役割は大きい。『新葉和歌集』『李花集』には廉子の和歌が収録されていて,心情あふれるものがある。<参考文献>佐藤進一『南北朝の動乱』,脇田晴子阿野廉子」(『人物日本の女性史』5巻)

(脇田晴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あのれんし【阿野廉子】

1311‐59(応長1‐正平14∥延文4)
阿野公廉の女。後醍醐天皇の妾。1319年(元応1)西園寺実兼の女禧子(のち後京極院)が後醍醐天皇の中宮として入内するに際して,洞院公賢の養女としてその女房になり後宮に入った。容姿端麗で和歌の才に優れ,ひととなり聡敏であったといわれる。後醍醐天皇の寵愛をうけ,25年(正中2)に恒良(のち東宮),翌26年(嘉暦1)に成良,28年に義良(のち後村上天皇)の3親王の誕生をみ,ほかに2人の皇女を生んだ。これにより後宮に大きな勢力をなし,阿野氏の多くは南朝に参じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿野廉子の関連キーワード元応南北朝春日局(3)顕円近衛局左衛門督局(2)新室町院尊真藤原光継用堂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone