コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新月派 しんげつは

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新月派
しんげつは

中国の文学結社。前期新月派と称される人々は、1923年北京(ペキン)で文人・政財界人を交えたクラブ的集い「新月社」をつくった胡適(こてき/フーシー)、徐志摩(じょしま/シュイチーモー)、聞一多(ぶんいった/ウェンイートゥオ)、饒孟侃(ぎょうもうかん)らをさし、徐志摩を中心に『詩刊』(1926年4~6月)、『劇刊』(1926年6~9月)を出版、新詩に格律詩のジャンルを形成したことが特徴といえる。
 後期新月派は、上海(シャンハイ)で新たに雑誌『新月』(月刊、1928年3月~33年6月)の編集出版に携わった徐志摩ら4人、梁実秋(りょうじっしゅう)、潘光旦(はんこうたん)、羅隆基(らりゅうき/ルオロンチ)、葉公超(ようこうちょう)および代表的作家に沈従文(しんじゅうぶん/シェンツォンウェン)らがあげられる。彼らは文学、政治両面で西欧的リベラリズムとデモクラシー実現を目ざした。文学面では「健康」と「尊厳」を標榜(ひょうぼう)し、梁実秋が人文主義の立場から、創造社、太陽社の無産階級革命文学論に反対し、文学の階級性を否定、普遍的人間性を描くことを主張し、魯迅(ろじん/ルーシュン)との論争に発展したことは有名。政治面では胡適、羅隆基がおもに論じ、思想言論の自由、憲法制定、封建文化反対を唱えるが、31年以後右傾化する。前期に比べ政治色が強まったことが特徴とされる。[小島久代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の新月派の言及

【中国文学】より

…また,ようやく根づいた近代劇は,曹禺の《雷雨》(1934),《日の出》(1936)などの傑作を生んだ。 詩の分野では,〈新月派〉(徐志摩,聞一多,卞之琳(べんしりん)など)や〈現代派〉(戴望舒など)による象徴詩の試みがなされる一方で,臧克家(ぞうこくか),艾青(がいせい),田間など,リアリズムの手法をとる左翼詩人が登場した。
[抗戦文学の時代]
 1937年7月の蘆溝橋事件以後の抗日戦争期に入ると,文学活動も,武漢,重慶,昆明などを中心とする国民党支配(これを〈大後方〉と呼んだ)地域と,延安を中心とする中国共産党支配地域いわゆる〈解放区〉とに事実上二分されることになった。…

※「新月派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新月派の関連キーワード胡適(こてき)聞一多沈従文徐志摩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android