徐志摩(読み)じょしま(英語表記)Xu Zhi-mo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐志摩
じょしま
Xu Zhi-mo

[生]光緒21(1895)
[没]1931
中国の詩人。浙江省海寧の人。北京大学卒業後,アメリカ,イギリスに留学,政治,経済を学んだが,のち新詩の創作に専心。バイロン風の理想主義的な作風で詩壇に出た。 1924年帰国後は,北京大学,清華大学,光華大学,中央大学など,各地の大学で教鞭をとり,また胡適聞一多らと新月社を組織して活躍したが,飛行機事故で死亡した。作品に『フィレンツェの一夜』 (1927) ,『志摩の詩』 (28) ,『猛虎集』 (31) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょ‐しま【徐志摩】

[1897~1931]中国の詩人。海寧(浙江(せっこう)省)の人。英、米両国で政治・経済のほかに近代詩などを学び、帰国後、「詩鐫(しせん)」「新月」を刊行し、新詩運動に尽力新月派の代表的詩人。「志摩の詩」「翡冷翠(フイレンツエ)の一夜」など。シュイ=チーモー。

シュイ‐チーモー【徐志摩】

じょしま(徐志摩)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょしま【徐志摩】

1897~1931) 中国の詩人。浙江省出身。本名は章垿しようじよ。米英に留学後、新詩運動をおこす。胡適こてきらと新月社を組織し、革命文学派と対立した。シュイ=チーモー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徐志摩
じょしま / シュイチーモー
(1896―1931)

中国の詩人。本名章(しょうしょ)。浙江(せっこう/チョーチヤン)省海寧(こうせき)の人。滬江(ここう)大学、北京(ペキン)大学などを経てアメリカとイギリスとに留学し政治学、経済学を学んだが、ケンブリッジ大学在学中から文学に志す。1922年帰国。北京大学、清華大学などの教授を歴任。この間北京で聞一多(ぶんいった)らとともに新月社を設立。26年北京で『晨報(しんぽう)』の副刊として『詩鐫(しせん)』を創刊、新しい格律詩の創造を提唱し、新詩運動に一時期を画した。タゴールに心酔、26年には彼を中国に招いた。28年『新月』月刊を創刊、主義や党派に反対して「健康と尊厳」を唱え、文壇のブルジョア派とみなされて革命文学派と対立したが、31年飛行機事故で急死。詩集に『志摩の詩』『翡冷翠(フィレンツェ)の一夜』などがあり、理想主義的な情熱と新しい形式美によって一世を風靡(ふうび)した。[伊藤虎丸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょ‐しま【徐志摩】

中国の詩人。本名章。浙江海寧の人。清華大学・北京大学教授。聞一多(ぶんいった)らと新詩運動を起こした。のち、胡適らを加えて新月社を設立し、創造社などの革命文学派と対立した。詩集に「志摩の詩」「翡冷翠(フィレンツェ)の一夜」「猛虎集」など。(一八九七‐一九三一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の徐志摩の言及

【聞一多】より

…25年帰国。徐志摩(1896‐1931)らと《詩》《新月》《詩刊》などを編集。28年の詩集《死水》は詩壇文壇に大きな反響をよんだ。…

※「徐志摩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android