コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新渡戸十次郎 にとべ じゅうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新渡戸十次郎 にとべ-じゅうじろう

1820-1868* 幕末の武士。
文政3年6月11日生まれ。新渡戸伝(つとう)の次男。新渡戸稲造の父。陸奥(むつ)盛岡藩士。安政2年から父とともに三本木原(青森県十和田市)の開拓にくわわり,その功によって登用され,勘定奉行,用人などを歴任。のち独断的であるとして同僚の非難をうけ,蟄居(ちっきょ)を命じられた。慶応3年12月24日死去。48歳。名は常訓(つねのり)。字(あざな)は昭瑶。号は謙斎,受益堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新渡戸十次郎の関連キーワード新渡戸常訓

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android