コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三本木原 さんぼんぎはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三本木原
さんぼんぎはら

青森県東部,十和田市を中心とする洪積台地。東西約 30km,南北約 15kmの八甲田火山群起源の火山灰におおわれた台地。かつては不毛の地であったが,安政2 (1855) 年に盛岡藩士新渡戸伝 (にとべつとう) が開田と地域開発に着手。山地2ヵ所を掘抜き,奥入瀬川から導水した人工河川の稲生川の完成により,台地の水田化に成功。その後 100年余の年月を要して,水田,畑,牧場から成る大農業地帯となった。しかし,この地域には未墾地がなお多く残っていたことから,1966年,国営南部中央地域総合パイロット事業の指定地域となった。十和田市には新渡戸伝を祀る太素塚がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三本木原【さんぼんぎはら】

青森県東部の洪積台地。東西約30km,南北約15km,標高10m(東端)〜100m(西端)。水利が悪く,偏東風のやませが吹く不毛の地であったが,1855年―1868年南部藩士新渡戸伝父子が開拓,1884年以後三本木共立開墾会社により水路建設,開田が進んだ。
→関連項目青森[県]上北[町]七戸[町]東北[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぼんぎはら【三本木原】

青森県東部,小川原湖の南西方に展開する洪積台地。火山灰の堆積による台地で,かつては水利の悪い原野であった。1855年(安政2)南部藩士新渡戸伝(にとべつとう)(稲造の祖父)が,この原野に奥入瀬(おいらせ)川の水を引き,その子十次郎との親子2代の努力によって灌漑水路(稲生(いなおい)川)が完成してから開拓が進んだ。明治以降も,開拓は民営で受け継がれたが,冷害に脅かされるこの地方ではアワ,ヒエなどの雑穀と牧馬に依存せざるを得ず,第2次世界大戦前までは軍馬に充てる南部馬の産地として知られた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんぼんぎはら【三本木原】

青森県東部の洪積台地。台地の北東に小川原おがわら湖、西に八甲田火山群、中央には十和田市の市街地がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕三本木原(さんぼんぎはら)


青森県東部、八甲田(はつこうだ)山東方に広がる洪積台地。東西約25km、南北約20kmに及ぶ。水利の悪い不毛地帯だったが、江戸時代末期に盛岡(もりおか)藩士新渡戸伝(にとべつとう)が開田・水路開削に着手。のち開拓は明治期に民間会社、1937年(昭和12)から国営事業に引き継がれた。畑作・畜産が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三本木原
さんぼんぎはら

青森県東部、八甲田(はっこうだ)山麓(さんろく)から東方に展開する洪積台地。東西約30キロメートル、南北約15キロメートル。標高は西部で約100メートル、東部は約10メートルで太平洋岸へ続く。北部は小川原(おがわら)湖に臨み、南部は奥入瀬(おいらせ)川低地となる。台地の中心は十和田市。かつては水利の悪い不毛の原野であったが、1855年(安政2)盛岡(南部)藩士新渡戸伝(にとべつとう)が長男十次郎、孫の七郎(稲造(いなぞう)の長兄)とともに奥入瀬川の水を引いて開拓に着手、4年後に稲生(いなおい)川水路を完成させ、開田に成功した。明治に入って民営の開拓会社に引き継がれ、1937年(昭和12)からは国営事業となり、1965年(昭和40)いちおうの完成をみた。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三本木原の関連キーワード十和田市立新渡戸記念館青森県上北郡六戸町青森県十和田市十和田(市)新渡戸十次郎天間林[村]十和田[市]下田[町]五戸[町]青森(県)百石[町]東北[町]溝口 三郎おいらせ町新渡戸稲造六戸[町]三沢[市]七戸[町]上北[町]東北地方

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android