コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟砂丘 にいがたさきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新潟砂丘
にいがたさきゅう

新潟県北部,日本海に臨む角田山の北麓から村上市岩船まで続く列状砂丘。延長約 70km。阿賀野川右岸の新潟市北東部では 10列をなす。集落,道路のほか,砂防林を育てて耕地を開いてきた。新潟平野の開発のため,近世以降,胎内川,落堀川,加治川,阿賀野川,新川,関屋分水路など砂丘に分水路を掘り,開発を促進した。また新潟東港は砂丘に人工港を掘り,臨海地域に大工場が集合した重化学コンビナートを形成している。地下資源として中条ガス田のように天然ガスが開発されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

新潟砂丘の関連キーワード瀬波笹川流れ粟島県立自然公園新潟(市)聖籠町鎧潟

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android