コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟平野 にいがたへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新潟平野
にいがたへいや

別称越後平野新潟県中北部,信濃川阿賀野川の下流域にある平野。南北約 100km,幅 10~25km,面積約 2000km2。中央部が幅広く,南と北に狭い紡錘形。信濃川,阿賀野川などの河川の堆積作用で形成された沖積平野である。角田山から北の海岸には砂丘が発達し,砂丘の内側には砂堆列がみられる。内陸には鎧潟鳥屋野潟福島潟などの潟湖が残存していたが,次第に干拓されている。低湿な沖積地は水稲単作の穀倉地帯を形成していたが,最近は土地改良事業が進んで,地下水位を下げ,圃場整備が進められている。これに伴い機械化が進展した。第2次世界大戦後,新潟市を中心とする天然ガス化学工業の発展で,水溶性ガス汲上げによる地盤沈下が起り,問題となった。現在はガス井の自主規制を行い,地下水の還元と,構造性のガス井の開発で対処している。中心は新潟市。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にいがた‐へいや〔にひがた‐〕【新潟平野】

新潟県中央部の平野。信濃川と阿賀野川の下流域。日本最大の米作地帯。越後平野。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にいがたへいや【新潟平野】

新潟県中央部、信濃川・阿賀野川下流域に広がる平野。日本有数の米の産地。北部では天然ガスを産出する。越後平野。蒲原かんばら平野。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の新潟平野の言及

【越後平野】より

…新潟平野ともよばれる。新潟県の中央から北にかけて広がり南北約100km,東西約10~25km,面積約2070km2の紡錘形状の大沖積平野。…

※「新潟平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

新潟平野の関連キーワード新潟県新潟市南区古津八幡山遺跡続縄文文化蒲原平野羽越本線月岡温泉阿賀野市新潟砂丘弥彦村金北山京ヶ瀬中之口加治川小須戸中之島田上町中条吉田越路水原

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新潟平野の関連情報