コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加治川 かじかわ

5件 の用語解説(加治川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加治川
かじかわ

新潟県北部,新発田市北部の旧村域。新潟平野の北部,加治川の右岸にある。 1955年加治村と金塚村が合体して加治川村が成立。 2005年新発田市に編入。東側の山手の古い集落と,西側の江戸中期以後の紫雲寺潟干拓による新田集落に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

加治川
かじがわ

新潟県北部,飯豊山地に発し,新潟平野の北部を西流して日本海に注ぐ川。全長約 65km。近世,新発田藩の治水・開田政策で流路が整備された。国の直轄事業による加治川分水路の完成 (1914) で流域は穀倉地帯となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

加治川

新潟県新発田市にある道の駅。国道7号に沿う。「加治川 さくらの里」ともいう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かじがわ【加治川】

新潟・山形県境の飯豊(いいで)山系に発する川で,上流を飯豊川と呼ぶ。赤谷付近から加治川となり,内ノ倉川,姫田川,坂井川を合わせて越後平野北部を貫流し,蒲原砂丘列の南側を流れて阿賀野川の河口付近で同川に合流する。幹川流路延長52.5km,全流域面積367.8km2。近世にこの流域を領有した新発田藩は1652年(承応1)新発田城下を水害からまもるため蓮潟瀬替で流路を海岸寄りに改め,次いで1727年(享保12)二ッ山瀬替で砂丘裏へかえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕加治川(かじがわ)


新潟県北東部を流れる川。2級河川(加治川水系)。延長48km。飯豊(いいで)山地の大日(だいにち)岳(標高2128m)北麓(ほくろ)に源を発し、北西流して新潟東港の東方で日本海に注ぐ。上流部は飯豊川とも。上流に発電用の加治川ダム、水量調節を目的とする加治川治水ダム、支流の内の倉(うちのくら)川に灌漑(かんがい)・上水道用の内の倉ダムがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加治川の関連キーワード飯豊山地いいで飯豊梅花皮荘山形県西置賜郡飯豊町山形県西置賜郡飯豊町数馬山形県西置賜郡飯豊町須郷山形県西置賜郡飯豊町椿山形県西置賜郡飯豊町中山形県西置賜郡飯豊町萩生山形県西置賜郡飯豊町松原

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加治川の関連情報