コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟市 にいがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新潟〔市〕
にいがた

新潟県中部,信濃川阿賀野川下流域の新潟平野に広がる市。1889年市制。1954年松ヶ崎浜村,南浜村,濁川村,坂井輪村の 4村,1957年大江山村,曽野木村,両川村の 3村,1960年内野町,1961年赤塚村,中野小屋村の 2村,2001年黒埼町をそれぞれ編入。2005年3月白根市,豊栄市,新津市,小須戸町,横越町,亀田町,西川町,岩室村,味方村,潟東村,月潟村,中之口村の 3市 4町 5村を,さらに 10月町を編入。2007年政令指定都市に移行し,北区東区中央区江南区秋葉区南区西区西蒲区の 8区を設置した。元和2 (1616) 年港を開設。寛文12 (1672) 年奥羽米回送の寄港地に指定されて繁栄した。安政5 (1858) 年日本海岸唯一の開港場となり,以来貿易港として発展。明治4 (1871) 年廃藩置県により新潟県庁を設置。県政の中心地となり,明治末期からは油田開発に伴う工業の発展で工業都市の性格も加えた。1955年の新潟大火,1964年の新潟地震後は堀も埋め立てられ,近代都市として躍進。1964年新産業都市に指定され,その一環として新潟東港を開港し,東新潟地区は石油,化学,鉄鋼,機械を総合した重化学コンビナートを形成,県下最大の臨海工業地域となっている。また古くから織物業が盛んで,綿織物の葛塚縞,小須戸縞は有名。仏壇の生産も多い。農村部は穀倉地帯をなし,中西部の旧潟湖鎧潟は文政年間 (1818~30) より干拓が始まり,現在は大型機械化農業のモデル地区となっている。河川の自然堤防上や砂丘地ではモモ,ブドウ,ナシの果樹園芸,チューリップ,ヒヤシンスの球根など花卉園芸が行なわれる。1972年関屋に信濃川の分水路を完成し,長年の水害との戦いに終止符を打った。菖蒲塚古墳,古津八幡山遺跡 (ともに国指定史跡) ,旧新潟税関庁舎 (国指定史跡および重要文化財) ,旧笹川家住宅,新潟県議会旧議事堂,萬代橋,種月寺本堂 (以上,国指定重要文化財) などの文化財がある。鳥屋野逆ダケの藪,月潟の類産梨は国の天然記念物。市域の一部は佐渡弥彦米山国定公園に属し,南西部の岩室には国民保養温泉地の岩室温泉がある。上越新幹線,JR信越本線,羽越本線,磐越西線,越後線,白新線,国道7号線,8号線,49号線,113号線,116号線,402号線,403号線,460号線などが通じる。中心部の新潟中央ジャンクションで北陸自動車道,磐越自動車道,日本海東北自動車道が結節。北部の日本海沿岸に新潟空港がある。面積 726.45km2。人口 81万157(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にいがた‐し〔にひがた‐〕【新潟市】

新潟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

新潟市の関連キーワード新潟県新潟市秋葉区新津東町新潟県新潟市中央区西大畑町新潟県新潟市中央区西船見町新潟県新潟市中央区柳島町新潟県新潟市秋葉区蒲ケ沢新潟県新潟市西蒲区巻甲新潟県新潟市西区木場マリンピア日本海太右エ門新田與兵衛野新田久蔵興野鍋潟新田丸潟新田祖父興野松浜町釣寄新紫竹山下早通姥ケ山鵜ノ子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新潟市の関連情報