コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新田園長丸 しんでんえん おさまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新田園長丸 しんでんえん-おさまる

?-1817 江戸時代後期の狂歌師。
信濃(しなの)(長野県)安曇郡(あずみぐん)成相新田の庄屋鹿都部真顔(しかつべの-まがお)にまなび,四方(よも)側の判者となる。十返舎一九とも親交があった。高見甚左衛門とともに松本地方狂歌界の中心人物。文化14年死去。姓は藤森。通称は善兵衛別号に貢(みつぎ)長丸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新田園長丸の関連キーワード貢長丸狂歌師

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android