コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新田園長丸 しんでんえん おさまる

1件 の用語解説(新田園長丸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新田園長丸 しんでんえん-おさまる

?-1817 江戸時代後期の狂歌師。
信濃(しなの)(長野県)安曇郡(あずみぐん)成相新田の庄屋。鹿都部真顔(しかつべの-まがお)にまなび,四方(よも)側の判者となる。十返舎一九とも親交があった。高見甚左衛門とともに松本地方狂歌界の中心人物。文化14年死去。姓は藤森。通称は善兵衛。別号に貢(みつぎ)長丸。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

新田園長丸の関連キーワード壺星楼繁門千里亭藪虎萩花妻花廼屋光枝春道梅員辺仁之无子神酒屋徳利緑西江悠々館湖遊四方山詠女

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone