新田部皇女(読み)にいたべのおうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新田部皇女 にいたべのおうじょ

?-699 飛鳥(あすか)時代,天智(てんじ)天皇の皇女。
母は橘娘(たちばなのいらつめ)。天武天皇の妃となり,天武天皇5年(676)舎人(とねり)親王を生む。文武(もんむ)天皇3年9月25日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

新田部皇女

没年:文武3.9.25(699.10.23)
生年:生年不詳
7世紀後半の皇女。父は天智天皇,母は阿倍倉梯麻呂の娘橘娘。同母姉に飛鳥皇女がいる。天武天皇の妃となり,天武5(676)年舎人皇子を生む。死去したとき,天智天皇の皇女なので王臣百官人を会葬せしめたと『続日本紀』にあるが,ほかの皇女たちのような位に関する記事はない。

(児島恭子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android