コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新訂万国全図 しんていばんこくぜんず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新訂万国全図
しんていばんこくぜんず

江戸幕府が 19世紀初頭に作成した世界地図。ヨーロッパ諸国の東洋進出によって日本近海に異国船が出没しはじめたため,幕府は国策上の必要に迫られ,文化4 (1807) 年世界図の作成を天文方高橋景保に命じた。景保は横軸平射図法による両半球世界図を3年がかりで完成した。この図はイギリス人 J.アロースミスの『世界図』に基づいて,J.ヒュブネルの『世界地理書』や東西の多くの資料,同5年に間宮海峡を発見したばかりの間宮林蔵の調査報告も取入れた。複製も木版ではなく,当時実用化されたばかりの彫刻銅版を用いるなど,当時の最新の情報と技術で作成されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

新訂万国全図の関連キーワード亜欧堂田善箕作省吾

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android