間宮林蔵(読み)まみやりんぞう

日本大百科全書(ニッポニカ)「間宮林蔵」の解説

間宮林蔵
まみやりんぞう
(1780―1844)

江戸後期の探検・測量家。間宮海峡の発見者。生年には1775年(安永4)説もある。名は倫宗(ともむね)。常陸(ひたち)国筑波(つくば)郡上平柳(かみひらやなぎ)村(、茨城県つくばみらい市)の農業・箍屋(たがや)に生まれる。子供のころより算術の才があったといわれる。地理学者村上島之(むらかみしまのじょう)(1760―1808)に規矩(きく)術(三角測量)を学び、1800年(寛政12)蝦夷地御用掛雇(えぞちごようがかりやとい)となる。同年箱館(はこだて)で伊能忠敬(いのうただたか)に会い師事、のち天測術(緯度測定法)を学ぶ。1806年(文化3)択捉(えとろふ)を測量、1808年調役下役元締松田伝十郎(1769―1843)と樺太(からふと)に派遣され、伝十郎は西海岸、林蔵は東海岸を調査。翌1809年アイヌの舟で海峡を渡り黒竜江下流地方を探検、樺太が島であることを確認した。1812年再度蝦夷地に渡り、伊能忠敬の未測量地域の海岸を実測、1821年(文政4)完成した忠敬の『大日本沿海輿地(よち)全図』には、林蔵の測量が生かされているといわれる。1822年江戸に帰り普請(ふしん)役、1824年安房(あわ)上総(かずさ)御備場掛手附(おそなえばがかりてつき)を命ぜられ、東北地方の東海岸を視、以後、外国船渡来風聞や密貿易調査の隠密(おんみつ)活動に従事。1828年林蔵の届出により、シーボルト幕府天文方高橋景保(かげやす)との交流が明らかになり、これがシーボルト事件の発端となるが、シーボルトの作『日本』により間宮海峡は世界的に有名になる。1834年(天保5)以降、林蔵は海防問題を通じて水戸藩と接触、藤田東湖(とうこ)らと交わったが、弘化(こうか)元年2月26日にする。おもな著書は『東韃(とうだつ)紀行』(『東韃地方紀行』)、『銅柱余録』など。

[船津 功]

『洞富雄著『間宮林蔵』(1960/新装版・1986・吉川弘文館)』『赤羽栄一著『間宮林蔵』(1974・清水書院/清水新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典「間宮林蔵」の解説

間宮林蔵

没年:弘化1.2.26(1844.4.13)
生年:安永4(1775)
江戸後期の北地探検家。常陸の貧農の子として生まれたが,非凡な数学の才能を幕吏に認められて江戸に出る。寛政12(1800)年普請役村上島之丞に随行して渡った箱館で伊能忠敬に会い,測量術を学ぶ。そのことは後年西蝦夷地沿岸を測量して伊能の「蝦夷地沿海実測図」を完成させるきっかけとなった。文化5(1808)年には松田伝十郎と共に樺太を見分,翌年には北西岸の調査ののちギリヤーク人に同行してアムール川下流のデレンを訪れ,周辺諸民族の清国への朝貢の実態を把握した。その成果は『東韃地方紀行』『北夷分界余話』となってあらわれた。この探検によって樺太と大陸間の海峡存在の問題を解決し,アムール,リーマンの両岸を含む樺太地図を作成した。高橋景保を通じて彼の地図を入手したシーボルトは,この海峡を「間宮の瀬戸」と名付けた。その後は異国船の渡来や密貿易の風聞を探索する隠密活動に従事し,天保6(1835)年には松前藩士今井八九郎を伴って再び樺太を調査したともいう。

(秋月俊幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

百科事典マイペディア「間宮林蔵」の解説

間宮林蔵【まみやりんぞう】

江戸後期の北方探検家。名は倫宗(ともむね)。常陸(ひたち)の農民の出。1790年頃江戸に出て地理学を学ぶ。1799年初めて蝦夷(えぞ)地に渡り,翌1800年には蝦夷地御用雇となり,蝦夷地測量中の伊能忠敬に測量術を学び,蝦夷地や択捉(えとろふ)島を測量。1808年幕命により松田伝十郎と樺太(からふと)(サハリン)を探検,翌年シベリアに渡り,アムール川下流のデレンに至る。この間樺太が島であることを確認し,このことは1832年シーボルトによって間宮海峡の名で世界に紹介された。晩年は幕府の隠密として働きシーボルト事件密告者とされる。著書《東韃(とうだつ)紀行》《北蝦夷図説》等。
→関連項目伊奈[町]ゴロブニンタタール海峡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「間宮林蔵」の解説

間宮林蔵
まみやりんぞう

[生]安永4(1775).常陸
[没]天保15(1844).2.26. 江戸
江戸時代末期の樺太 (サハリン島) 探検家。本名倫宗 (りんそう) 。寛政8 (1796) 年普請役雇として幕府に出仕,同 12年蝦夷地の測量を命じられ,伊能忠敬に測量学を学びながら千島諸島にまで検地を進めた。文化5 (1808) 年普請役格となり,数度にわたり北樺太の探検に従事。海峡を横断して満州にいたり,露清国境を視察して帰国,幕府に報告した。文政5 (22) 年普請役。『北蝦夷図説』『東韃紀行』などを著わして樺太が陸続きでないことを立証し,また間宮海峡の名を残した。晩年はシーボルト事件密告者とされ,人望を失い幕府の密偵となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「間宮林蔵」の解説

間宮林蔵 まみや-りんぞう

1775-1844 江戸時代後期の探検家。
安永4年生まれ。寛政12年蝦夷地(えぞち)御用掛雇となり,伊能忠敬(いのう-ただたか)に測量術をまなぶ。文化5年松田伝十郎とともに樺太(からふと)を探検,樺太が島であることを確認。これがシーボルトの「日本」で紹介され間宮海峡の名が後世にのこった。晩年は幕府隠密としてはたらいた。天保(てんぽう)15年2月26日死去。70歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。名は倫宗(ともむね)。著作に「北蝦夷図説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「間宮林蔵」の解説

間宮林蔵
まみやりんぞう

1775〜1844
江戸後・末期の北方探検家
常陸 (ひたち) (茨城県)の人。伊能忠敬 (ただたか) に測量術を学んだ。1803年幕命で西蝦夷 (えぞ) 地を巡見し,'08年には樺太 (からふと) から海峡(間宮海峡)を渡って黒竜江下流を踏査し,樺太が島であることを確認し,幕府に復命した。そのようすは著書『東韃 (とうだつ) 地方紀行』に詳しく記されている。なお,シーボルト事件の密告者としても知られる。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「間宮林蔵」の解説

まみや‐りんぞう〔‐リンザウ〕【間宮林蔵】

[1780~1844]江戸後期の探検家。常陸ひたちの人。名は倫宗ともむね伊能忠敬らに測量術を学び、幕命により樺太(サハリン)を調査。さらに海峡を渡って黒竜江下流を探検し、樺太が島であることを確認した。のち密貿易などの調査に従事し、シーボルト事件を密告。著「東韃紀行」「北蝦夷図説」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「間宮林蔵」の解説

まみや‐りんぞう【間宮林蔵】

江戸後期の探検家、測量家。林蔵は通称。名は倫宗。常陸国(茨城県)の人。伊能忠敬に測量術を学ぶ。北樺太を探検し、単身小舟で韃靼(だったん)海峡を横断して樺太が島であることを実証した。著に「東韃紀行」「北蝦夷図説」などがある。安永四~弘化元年(一七七五‐一八四四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「間宮林蔵」の解説

まみやりんぞう【間宮林蔵】

1775‐1844(安永4‐弘化1)
江戸後期の北方探検家。名は倫宗(ともむね)。常陸国筑波郡上平柳村(現,茨城県筑波郡伊奈町)の農民の子として生まれたが,数学の才が認められて幕府普請役雇,ついで同下役となり,1800年(寛政12)蝦夷地御用雇となって幕吏村上島之に従い蝦夷地(北海道)に渡った。このとき蝦夷地で測量中の伊能忠敬について測量術を学んだ。03年(享和3)西蝦夷地を測量,08年(文化5)幕命により松田伝十郎とともに樺太(サハリン)を探検し,翌年夏再び樺太に渡り,大陸交易に行くギリヤーク人に同行してアムール下流の満州仮府デレンを訪れ,この地の状況を調査した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の間宮林蔵の言及

【タタール海峡】より

…冬には結氷して徒歩で結ばれる。1808‐09年(文化5‐6)江戸幕府の命で樺太を探検した間宮林蔵は,09年夏にサンタン船で海峡を西に渡り,樺太が島であることを明らかにした。シーボルトがこの海峡を〈マミヤの瀬戸〉の名で西欧に紹介したことはよく知られている。…

※「間宮林蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android