コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新青柳 しんあおやぎ

世界大百科事典 第2版の解説

しんあおやぎ【新青柳】

地歌・箏曲の曲名。三弦石川勾当,箏は八重崎検校作曲の京風手事物。《八重衣(やえごろも)》《融(とおる)》とともに〈石川の三ツ物〉の一つ。三味線組歌の《青柳》と区別する場合以外は,単に《青柳》とも。歌詞は謡曲遊行柳(ゆぎようやなぎ)》のクセの部分をそっくり利用。遊行の聖が,白河関で出会った柳の老木(おいき)の精に念仏を授けたところ,夢枕に立った精が柳にちなむ故事を述べた後,蹴鞠のことや《源氏物語》の柏木の恋の話に話題が広がった場面を歌っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の新青柳の言及

【遊行柳】より

…世阿弥の《西行桜》に対抗した作ともいえるが,そのクセが桜の名所を描いてまとまっているのに比し,この能のクセは,柳にまつわる故事を関連なくつないだ形で,作風は争えない。箏曲《新青柳》《青柳》の原拠。【横道 万里雄】。…

※「新青柳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

新青柳の関連キーワード地歌

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android