コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊行柳 ユギョウヤナギ

世界大百科事典 第2版の解説

ゆぎょうやなぎ【遊行柳】

能の曲名。三番目物観世信光作。シテは老木(おいき)の柳の精。時宗(じしゆう)の遊行上人(ワキ)が陸奥の白河の関を越え,広い道を選んで歩みを進めると,一人の老人(前ジテ)が呼びかけて現れる。老人は,前(さき)の遊行上人が川岸の旧道を通ったことを知らせ,その道を案内して,〈朽木(くちき)の柳〉という名木のある古塚を見せる。これははるかに昔からの名木で,西行が歌に詠んだこともあるのだと説明した老人は,上人から念仏を授かって古塚の陰に消える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆぎょうやなぎ【遊行柳】

能の一。観世信光作。三番目物。諸国行脚の遊行上人が白河の関を越えると、朽木柳の精の化身である老翁から道を教えられ、十念を授けて成仏じようぶつさせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遊行柳
ゆぎょうやなぎ

能の曲目。四番目物、また鬘(かずら)物に準じて三番目物としても扱われる。五流現行曲、ただし金春(こんぱる)流は明治の復曲。世阿弥(ぜあみ)の名作『西行桜(さいぎょうざくら)』に対抗して晩年の観世信光(かんぜのぶみつ)が書いた作品。初演は1514年(永正11)。西行の「道のべに清水流るる柳蔭(かげ)しばしとてこそたちどまりつれ」の和歌を骨子に、歌に詠まれた老いた柳の精が、閑寂な風情をみせる高度な能である。奥州に至った遊行上人(しょうにん)(ワキ)の前に、老人(前シテ)が現れて、先代の遊行上人の通った古道に案内し、西行の歌に名高い朽木(くちき)の柳という名木を教え、上人から十念を授かると柳のあたりに姿を消す(中入)。里人(間(あい)狂言)が出て、上人に柳の物語をして退く。上人の念仏のなかに、柳の精(後シテ)が白髪の老翁の姿で現れ、和漢の柳の故事を物語り、報謝の舞を舞って消える。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

遊行柳の関連キーワード観世小次郎信光おくのほそ道手飼いの虎増田正造観世元規新青柳西行桜十念謡曲鬘物蜘蛛白垂杜若芦野老翁化身

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android