コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白河関 しらかわのせき

4件 の用語解説(白河関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白河関
しらかわのせき

福島県白河市の南部,旗宿にある関址。5世紀頃,蝦夷の南下を防ぐために設けられ,勿来関 (なこそのせき) ,念珠関 (ねずがせき) とともに奥羽三関と呼ばれ,能因法師の和歌でも有名。 1959~63年発掘調査を行なった結果,土塁,空濠を設け,柵木をめぐらした古代防御施設の跡を発見,平安時代初期のものと思われる土師器なども出土した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

白河関【しらかわのせき】

古代東山道陸奥国入口に置かれた関所。東海道の菊多(きくた)関(勿来関),北陸道念珠(ねず)関とともに奥羽三関の一。現在の福島県白河市旗宿(はたじゅく)地内に比定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しらかわのせき【白河関】

東山道で下野から陸奥に入る入口に置かれた関所。現在の白河市旗宿に比定される。勿来関(なこそのせき)(現,福島県),念珠関(ねずがせき)(現,山形県)と並んで〈奥州三関〉と称され,ともに蝦夷対策のために設置されたものだろう。平安時代の835年(承和2)12月3日の太政官符に登場するのが史料上の初見だが,その中に〈剗(せき)(関)を置きて以来,今に四百余歳〉とあるから,すでに奈良時代には設置されていたと推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白河関
しらかわのせき

古代奥州の南の関門。福島県白河市旗宿(はたじゅく)所在。835年(承和2)の太政官符(だいじょうかんぷ)によれば、400余年前、すなわち5世紀の前半ごろ蝦夷(えぞ)対策のために設けられたとある。東山道(とうさんどう)口の奥州の関門として、東海道口の菊多関(きくたのせき)(後の勿来関(なこそのせき))と並んで有名であった。『今昔(こんじゃく)物語』によれば、平安時代にも厳重に出入りを取り締まっている。最近、発掘によって、関跡推定地に柵(さく)列に囲まれた施設跡を発見し、関跡として確定された。歌枕(うたまくら)として有名である。[高橋富雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の白河関の言及

【関所】より

…すなわち律令国家は中心に京・畿内,その周囲に一般諸国,さらにその遠方に化外の地がひろがるという同心円的地域区分を有していた。三関は畿外の国に位置するが基本的に畿内と畿外を区切る性格を有し,摂津関もこれに准じ,辺要の東の蝦夷地との境には陸奥国白河関,菊多関(これらは835年(承和2)長門関と同ランクになった)が,西の大宰府域との境界には長門関が置かれ,これらは地域区分の象徴的役割をはたし,(1)(2)ランクとして重視されたのである。 関は基本的に国境におかれ,他国への不法移動である浮浪・逃亡の防止という警察的機能を有した。…

※「白河関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白河関の関連情報