於保不二雄(読み)おほ ふじお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

於保不二雄 おほ-ふじお

1908-1996 昭和-平成時代の法学者,弁護士。
明治41年1月22日生まれ。民法を専攻し,昭和18年京都帝大教授。29年「財産管理権論序説」をあらわし,財産管理権を独立権利として構成するよう主張法制審議会の民法部会委員をつとめた。定年後,弁護士となる。平成7年文化功労者。平成8年1月14日死去。87歳。佐賀県出身。京都帝大卒。著作はほかに「債権総論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例