旅人宿(読み)りょじんやど

精選版 日本国語大辞典「旅人宿」の解説

りょじん‐やど【旅人宿】

〘名〙
旅人をとめる宿。旅籠(はたご)。旅籠屋。やどや。
随筆・西遊記続編(1798)二「隈本の旅人宿に逗留せし頃」
② 江戸時代、訴訟・裁判のため地方から出府したものが泊まった公事宿(くじやど)の一つ。公事宿には、十三軒組、三十軒組、八十二軒組、馬喰町小伝馬町組の四組合があり、前三者に属するものを百姓宿、後者に属するものを旅人宿と称した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「旅人宿」の解説

りょじん‐やど【旅人宿】

旅館。宿屋はたごや。
江戸時代の公事宿くじやどの一。馬喰ばくろう町小伝馬町組に属するもの。→公事宿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android