逗留(読み)トウリュウ

  • ×逗留
  • とうりゅう ‥リウ
  • とうりゅう〔リウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
旅先などに一定期間とどまること。滞在。「湯治場に三か月間逗留する」「長(なが)逗留
その場にとどまって進まないこと。また、1か所でぐずぐずすること。
「さばかりのことになりて―せさせ給はむやは」〈大鏡・師尹〉
その場にとどまる時間。ひま。
「我が屋に帰り物具せん―なかりければ」〈太平記・二六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
旅行先などで、しばらくとどまること。滞在。 当地に一か月-する なが
一か所にとどまって進まないこと。 馬より下りて、しばらく-する間に/今昔 17
とどまる時間。ひま。 我屋に帰り物具せん-無かりければ/太平記 26

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一か所にとどまって進まないこと。停滞すること。
※続日本紀‐和銅四年(711)五月辛亥「其雖叙位、逗留方便」
※春鑑抄(1629)信「約束をちがへて今すこし逗留して原を得たりとも」 〔漢書‐匈奴上〕
② 旅先に一定期日とどまること。一時的に他の場所に滞在すること。滞留。
※三代格‐八・承和八年(841)一〇月七日「応雑貢調庸并停輙放逗留状事」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉七「其上山城屋では一週間許り逗留して居る」
③ とどまる時間、ひま。
※太平記(14C後)二六「上山我屋に帰り、物具せん逗留無りければ」
④ 物事が滞ること。ぐずぐず先にのばすこと。延滞。
※蔭凉軒日録‐文明一八年(1486)七月九日「今晩恩公上洛。然者相尋先規。書紙相調者、清書事不透留云々」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逗留の関連情報