コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逗留 トウリュウ

2件 の用語解説(逗留の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐りゅう〔‐リウ〕【×逗留】

[名](スル)
旅先などに一定期間とどまること。滞在。「湯治場に三か月間逗留する」「長(なが)逗留
その場にとどまって進まないこと。また、1か所でぐずぐずすること。
「さばかりのことになりて―せさせ給はむやは」〈大鏡・師尹〉
その場にとどまる時間。ひま。
「我が屋に帰り物具せん―なかりければ」〈太平記・二六〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうりゅう【逗留】

( 名 ) スル
旅行先などで、しばらくとどまること。滞在。 「当地に一か月-する」 「長なが-」
一か所にとどまって進まないこと。 「馬より下りて、しばらく-する間に/今昔 17
とどまる時間。ひま。 「我屋に帰り物具せん-無かりければ/太平記 26

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

逗留の関連情報