コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公事宿 くじやど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公事宿
くじやど

江戸時代に,裁判訴訟のために地方から江戸に来た人々を泊めた宿屋公事人宿・出入宿・郷宿ともいった。また江戸宿ともいう。その多くは神田や日本橋馬喰町辺りにあった。宿では訴訟の書類の作成など手続きの代行,訴訟の弁護などを行なった。彼らは株仲間を作って独占的な営業を行ない,町奉行所や勘定所とも結び付いていた。普通,裁判や訴訟は長期間を要したから,こうした江戸での出費は多額なものとなり,農民などの負担は大きなものであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くじ‐やど【公事宿】

江戸時代、訴訟や裁判のために地方から江戸や大坂に出てきた人を宿泊させた宿屋。宿の主人は訴訟人の依頼をうけて訴訟行為を補佐することを公認されていた。公事人宿。出入り宿。郷宿(ごうやど)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くじやど【公事宿】

江戸時代,訴訟・裁判のため出府した者を宿泊させた宿屋で,公事人宿ともいい,その主人・下代などは訴訟行為の補佐をすることが公認されており,職業的弁護士類似の役割を果たした。江戸の公事宿は〈江戸宿〉というのが公称で,馬喰町小伝馬町組旅人(りよじん)宿,八拾二軒組百姓宿,三拾軒組百姓宿の3組合が株仲間を形成しており,差紙(さしがみ)(役所への召喚状)の送達を委任されていたほか,宿預(やどあずけ)(宿での勾留

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くじやど【公事宿】

江戸時代、訴訟のために地方から江戸・大坂・京などに出て来た者が泊まった宿。訴訟に関する諸事務の代行も扱った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公事宿
くじやど

江戸時代、訴訟、裁判などで江戸へきた者を宿泊させ、訴訟指揮を請け負った旅宿のこと。江戸以外では郷宿(ごうやど)という所が多い。江戸では大別して旅人宿と百姓宿に分けられ、ともに江戸宿ともいった。旅人宿は馬喰(ばくろ)町近辺に集中し、一般人も旅宿させた。100人前後の株仲間が組織されていたが、公事宿を主にしていたのは半数以下であった。百姓宿は、一般人の旅宿は禁止され、公事方勘定奉行所(かんじょうぶぎょうしょ)とのかかわりが強かったので、神田や日本橋などに多かった。公事宿は、訴訟のために出府した宿泊者の訴状の作成、訴訟手続の代理、訴訟相手に示す目安裏書(めやすうらがき)と江戸への出頭を求める差紙(さしがみ)の送達、白州(しらす)での訴訟補佐などをおもな業務とした。このほか、訴訟が長期にわたることが多かったので、公事宿が仲裁に入って和解させてしまうこともしばしばあった。[青木美智男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の公事宿の言及

【公事師】より

…訴訟当事者の依頼を受けて訴訟技術を教示し,書面の代書を行い,内済(ないさい)(和解)の斡旋をするほか,当事者の親族・奉公人あるいは町村役人などを偽称して出廷し,訴訟行為の代理ないし補佐を行って礼金を得,また古い借金証文や売掛帳面などを買い取り,相手方が訴訟による失費や手間をいとい内済すると見通して出訴するなど,裁判・訴訟に関する知識や技術を利用したさまざまな行為を稼業とした。公事宿の主人・下代などが公事師として活動した場合も少なくないが,それ以外にも公事師は町方・在方に多数存在し,江戸では公事宿の〈雇下代〉となっている者もおり,また与力・同心と懇意の者すらあった。幕府は公事師による濫訴や違法な訴訟代理などを抑制・禁止する触を繰り返し発し,また譲(ゆずり)証文による出訴にも種々の制限を加えるなどしているが,実際には幕末まで跡を絶たなかった。…

※「公事宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公事宿の関連キーワード恵比寿屋喜兵衛手控え水谷優希腰掛茶屋森川杜園馬越恭平佐藤雅美文珠九助江戸時代旅人宿宿預け済口

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android