コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旅籠屋 ハタゴヤ

デジタル大辞泉の解説

はたご‐や【旅籠屋】

近世、旅行者を宿泊させる食事付きの宿屋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

旅籠屋

正式社名「株式会社旅籠屋」。英文社名「Hatagoya & Company」。サービス業。平成6年(1994)「株式会社旅籠屋本店」設立。同12年(2000)現在の社名に変更。本社は東京都台東区寿。ホテルチェーン。米国のロードサイドホテルをモデルにした宿泊特化型小規模宿泊施設「ファミリーロッジ旅籠屋」を運営。高速道路のインターチェンジ周辺や主要幹線道路沿いに展開。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旅籠屋
はたごや

近世の宿場にあって、おもに一般庶民や公用旅行以外の武士が利用した休泊施設。飯盛(めしもり)女を抱える飯盛旅籠屋と、そうでない平(ひら)旅籠屋の二つがあった。「はたご」とは元来、馬の飼料を盛る籠(かご)のことをいい、のちには旅行用の食料・雑品の入れ物や、食料そのものをさすようになり、転じて旅行者を宿泊させて食事を提供する旅宿を旅籠屋とよぶようになった。これに対し、旅行者自身が食料を持参して、薪炭代(木賃(きちん))のみを支払う旅宿を木賃宿とよび、旅籠屋より下等とされた。旅籠屋の経営が成り立つのは、東海道のように交通量が多く、四季を通じて旅行者のある所だけで、ほかの街道では農業などと兼業であった。宿場によって旅籠屋数は異なるが、幕末期の東海道の宿駅の場合には一宿平均57軒である。[渡辺和敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の旅籠屋の言及

【宿場町】より

…それを拡充整備したのは江戸幕府で,五街道には宿を置いて幕府が直轄した。宿には運輸・通信にあてるために人馬を常備させ,休泊のためには旅籠屋,茶屋を置いた。宿場は従来の集落を基盤にしたものが多いが,新しく近隣から集めて形成した場合もあったので,一宿が行政上では数ヵ村にわたり,あるいは2郡にまたがることもあった。…

【旅籠】より

…旅籠は元来,馬料入れの丈の低い竹籠をさしたが,《今昔物語集》等によれば旅行中に食糧を入れて持参する旅具であった。中世には宿屋が出現して馬の飼料を用意し,その馬槽を宿屋の看板としたことから〈馬駄餉〉,後世転じて旅籠屋というようになった。このようにして旅籠には,馬の食を盛る籠,旅行の食糧雑品を入れる竹の容器,宿屋,宿屋の食料,宿料といった各様の意味と変遷がある。…

※「旅籠屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

旅籠屋の関連キーワード掛け合い・懸け合い・掛合い・懸合いホルトバージ国立公園宿場/五街道宿駅一覧海野宿歴史民俗資料館オフレアティ間の川又五郎宿村大概帳草津宿本陣岡本 文弥ポトロ広場リムーザン棒千切り木山県武一郎旅籠・旅篭羽州街道石川雅望水越兵助恩地富美往来手形乗り合ふ

旅籠屋の関連情報