旗旈信号(読み)きりゅうしんごう

世界大百科事典 第2版「旗旈信号」の解説

きりゅうしんごう【旗旈信号】

と旗との組合せでと船,船と陸上で交わされる信号。26枚のアルファベット文字旗,10枚の数字旗,3枚の代表旗および回答旗の計40枚の旗(国際信号旗international signal flag)を使用し,1旗または2旗以上を組み合わせて行う。17世紀以来,種々考案使用されていた旗による船舶間の信号方法が国際的に共通するものとなったのは,当時最大の海運国であったイギリスの商務院が1857年に発行した信号書を各国が採用してからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android