コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日中投資保護協定 にっちゅうとうしほごきょうていJapan-China Agreement for Encouragement and Reciprocal Protection of Investment

1件 の用語解説(日中投資保護協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日中投資保護協定
にっちゅうとうしほごきょうてい
Japan-China Agreement for Encouragement and Reciprocal Protection of Investment

正式名称は「投資の奨励及び相互保護に関する日本国と中華人民共和国との間の協定」。 1988年8月 27日調印,1989年5月 14日発効。特に日本の対中国投資を促進する目的で締結された投資保護条約最恵国待遇内国民待遇,さらにさまざまな保護規定を設けた。国有化およびそれに伴う補償に関しても詳細に規定するとともに,補償額に関する紛争については「1965年3月 18日にワシントンで作成された国家と他の国家の国民との間の投資紛争の解決に関する条約」 (投資紛争解決条約) を参考として設置される調停,あるいは仲裁機関にゆだねるとしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone