コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日光御成街道 にっこうおなりかいどう

2件 の用語解説(日光御成街道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日光御成街道
にっこうおなりかいどう

江戸時代の日光街道の脇街道。徳川将軍の日光参詣路で,江戸日本橋から川口を経て幸手 (さって) で日光街道に合流した。各宿駅には人馬各 25を常備し,一里塚をおき杉並木を設けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にっこう‐おなりかいどう〔ニツクワウおなりカイダウ〕【日光御成街道】

江戸時代、日光東照宮への将軍の参拝道。江戸本郷追分で中山道と分かれ、岩淵・川口・鳩ヶ谷・大門・岩槻を経て、幸手(さって)日光街道に合流する。日光御成道

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日光御成街道の関連情報