コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳩ヶ谷 はとがや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳩ヶ谷
はとがや

埼玉県南東部,川口市中部の旧市域。大宮台地の南東端に位置する。1950年川口市から分離して鳩ヶ谷町を設置,1967年市制,2011年川口市に編入。中心市街地の鳩ヶ谷は江戸時代初期,日光御成街道宿駅となり,3と 8の日に市を開設,米,織物などの取り引きで繁栄した。近年,住宅地として発展。農村部では植木苗木切り花の生産が多い。北部は安行武南県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はとがや【鳩ヶ谷】

埼玉県南東部の旧市名。植木・苗木を産する。住宅地・工業地化が進む。平成23年(2011)川口市に合併。→川口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はとがや【鳩ヶ谷】

埼玉県南東部にある市。日光御成街道の宿場町として発展。植木・苗木・切り花の生産が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳩ヶ谷
はとがや

埼玉県南東部にあった市(鳩ヶ谷市)。現在は川口市の中央南部を占める。旧鳩ヶ谷市は1967年(昭和42)市制施行。2011年(平成23)川口市に編入。大宮台地南東端に位置し、南端は東京都足立(あだち)区と接する。江戸時代日光御成(おなり)街道の宿駅であったが、江戸に近すぎるため旅人宿はなかった。3、8の日には市(いち)が立ち、また芝川では舟運が行われ、河岸(かし)があった。国道122号、埼玉高速鉄道線が通じ、東京メトロ南北線と直通運転により都心に直結している。市街地化が進んでおり、農業的にはほとんどみるべきものはないが、近くの安行(あんぎょう)の影響を受け、植木・苗木・花卉(かき)栽培が盛んである。江戸末期の不二道孝心講の創始者小谷三志(こたにさんし)の出生地で、旧居と資料は県指定文化財になっている。旧鳩ヶ谷市の人口は6万0908(2010年国勢調査)。[中山正民]
『『鳩ヶ谷市史』全12巻(1981~1992・鳩ヶ谷市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鳩ヶ谷の関連キーワード埼玉県川口市鳩ヶ谷本町神田 ろ山(3代目)川口市の要覧鳩ヶ谷[市]江戸からかみ埼玉県川口市川口(市)上村 教仁白川[村]日光御成道安行遺跡大多喜藩食行身禄小谷三志参行禄王地下鉄鈴木尚宿場町竹釣竿桜町

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android