コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇街道 ワキカイドウ

百科事典マイペディアの解説

脇街道【わきかいどう】

脇往還,脇道とも。江戸時代道中奉行が管轄した五街道とそれに付道する道(本街道)に対する支街道。主要な脇街道は五街道からの延長道や分岐道であった。東海道四日市より伊勢内宮に至る伊勢路今切渡を渡らないで浜名湖の北岸を迂回(うかい)する姫街道,大坂から山陽地方を縦断して豊前(ぶぜん)小倉に至る中国路ほか佐渡路北国(ほっこく)路羽州街道,三国(みくに)街道などが主要なもの。
→関連項目伊賀街道大久保長安長崎路本陣美濃路

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わきかいどう【脇街道】

江戸時代,幕府の道中奉行が直接管理する五街道とその付属街道以外の街道のことで,脇往還,脇道などともいう。幕府の勘定奉行の管掌ではあるが,一般に在地権力たる藩や郡代等の直接的関与・支配の側面が濃厚で,幕府権力は街道筋の指定や人馬賃銭の規定など,間接的支配にとどまる。脇街道の宿駅でも人馬を用意し,公用の貨客は無賃または御定賃銭,それ以外は相対賃銭で継ぎ送り旅宿で公定の宿賃をとるなど,五街道と変りはない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の脇街道の言及

【街道】より

…それらの管理は初期には代官また老中なども関与していたが,1659年(万治2)以降は道中奉行を置いて専管させた。道中奉行の管理下にあったのは,東海道(品川~京都・大坂),中山道(板橋~守山,次の草津で東海道となる),日光道中(千住~日光),奥州道中(宇都宮~白河),甲州道中(内藤新宿~上諏訪,次の下諏訪で中山道に結ぶ)の五街道のほか,東海道と中山道を結ぶ美濃路(熱田~垂井),東海道の脇街道というべき佐屋路(熱田~桑名),本坂通(浜松~御油または吉田),山崎通(伏見~山陽道の西宮),中山道と日光道中を結ぶ例幣使道(倉賀野~壬生(みぶ)通の楡木へ),日光道中の脇街道というべき日光御成道(岩淵~岩槻を経て日光道中の幸手へ),壬生(みぶ)通(日光道中の小山から分かれ,飯塚,壬生等を経て日光道中の今市へ)がある。また千住から新宿(にいじゆく)・八幡(やわた)・松戸を経る水戸佐倉道はこの3宿だけが道中奉行の管轄であった。…

※「脇街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

脇街道の関連キーワード日光例幣使街道愛知県愛西市中新田[町]埼玉県加須市北国脇往還加須[市]藤岡[市]雄勝[町]志木[市]御代参街道秋田街道中原街道川越街道北国街道沼田街道駄賃稼一里塚北国路佐屋路志木

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脇街道の関連情報