コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日向通良 ひゅうが みちよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日向通良 ひゅうが-みちよし

?-1160 平安時代後期の豪族。
肥前の人。平治(へいじ)元年ごろ肥前杵島(きしま)地方(佐賀県)で謀反をくわだて,永暦(えいりゃく)元年4月平清盛の代官として派遣された平家貞に討たれた。通称は太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日向通良

没年:永暦1.4(1160)
生年:生年不詳
平安末期の肥前国の豪族。藤原氏。平治1(1159)年,大宰大弐平清盛・肥前国衙に対し,杵島地方を中心に反乱を起こす。党類335人といわれ,清盛腹心の平家貞によって追討され,翌年従類7人の首と共に,京都で梟首された。<参考文献>正木喜三郎『大宰府領の研究』,『武雄市史』

(正木喜三郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日向通良の関連キーワード永暦源光保アブサロン岩手でのリンドウの生産千里ニュータウンインノケンティウスエアリエル永暦鞍馬八流城南寺

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android