日向通良(読み)ひゅうが みちよし

朝日日本歴史人物事典の解説

日向通良

没年:永暦1.4(1160)
生年:生年不詳
平安末期の肥前国の豪族。藤原氏。平治1(1159)年,大宰大弐平清盛・肥前国衙に対し,杵島地方を中心に反乱を起こす。党類335人といわれ,清盛腹心の平家貞によって追討され,翌年従類7人の首と共に,京都で梟首された。<参考文献>正木喜三郎『大宰府領の研究』,『武雄市史』

(正木喜三郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android