白水阿弥陀堂(読み)しらみずあみだどう

デジタル大辞泉の解説

しらみず‐あみだどう〔しらみづアミダダウ〕【白水阿弥陀堂】

福島県いわき市内郷白水(うちごうしらみず)町にある真言宗願成(がんじょう)寺の阿弥陀堂の通称。永暦元年(1160)国守岩城(平)則道の後室徳尼(藤原秀衡の妹)が亡夫を追善するために独立仏堂として建立。3間四方の方形造(ほうぎょうづくり)で、平安後期の阿弥陀堂形式を代表する遺構。国宝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

白水阿弥陀堂【しらみずあみだどう】

福島県いわき市白水町の願成(がんじょう)寺内にあり,浄土式庭園を伴った平安時代の阿弥陀堂建築を代表する建造物(単層宝形造)で国宝。境域は国指定史跡。1160年岩城則通(いわきのりみち)の妻徳尼(藤原秀衡(ひでひら)の妹)が夫の菩提を弔うために建立。願成寺(現真言宗智山派)はその〈別当寺〉であった。本尊の木造阿弥陀如来及び両脇侍像・木造持国天立像・木造多門天立像は重要文化財。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

白水(しらみず)阿弥陀堂

福島県いわき市にある真言宗智山派の寺、願成寺(がんじょうじ)の阿弥陀堂の通称。1160年、藤原清衡の娘・徳姫が建立したと伝わる。建物は国宝に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しらみずあみだどう【白水阿弥陀堂】

福島県いわき市内郷白水うちごうしらみずにある願成寺がんじようじの阿弥陀堂の通称。1160年藤原基衡の女むすめ徳尼が亡夫岩城(平)則道の冥福を祈って建立。三間四方の宝形造りの建物で、堂内の本尊阿弥陀三尊像とともに平安時代の遺構。国宝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の白水阿弥陀堂の言及

【願成寺】より

…もと天台宗,現在は真言宗智山派。白水阿弥陀堂として名高い。藤原秀衡の妹徳尼が夫(岩城則通)の菩提をとむらうために,1160年(永暦1)に創建したと伝える。…

※「白水阿弥陀堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android