コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日好 にちこう

1件 の用語解説(日好の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日好 にちこう

1655-1734 江戸時代前期-中期の僧。
明暦元年生まれ。日蓮宗。京都鷹峰(たかがみね),下総(しもうさ)中村の檀林でまなび,元禄(げんろく)10年伊豆(いず)妙法華寺住持となる。のち焼失した中村檀林の復興につくした。日蓮遺文の研究をすすめた。享保(きょうほう)19年7月20日死去。80歳。京都出身。俗姓は本阿弥。字(あざな)は唯妙。号は禅智院。著作に「録内拾遺」「風水稿」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日好の関連キーワード平敷屋朝敏ブルボン朝佐賀藩ヌイツ奈良屋茂左衛門明暦文楽人形浄瑠璃芝居シネマコンプレックス相生獅子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日好の関連情報