コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悦峰道章 えっぽう どうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

悦峰道章 えっぽう-どうしょう

1655-1734 明(みん)(中国)の僧。
永暦9年生まれ。黄檗(おうばく)宗。貞享(じょうきょう)3年来日。元禄(げんろく)7年独湛性瑩(どくたん-しょうけい)の法をつぐ。宝永4年悦山道宗の跡をついで山城(京都府)万福寺住持となる。柳沢吉保(よしやす)にまねかれ,甲斐(かい)(山梨県)永慶寺をひらいた。享保(きょうほう)19年5月9日死去。80歳。浙江省出身。語録に「悦峰禅師語録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

悦峰道章の関連キーワードインノケンティウスヌイツ奈良屋茂左衛門明暦如儡子天文学史(年表)日好池坊専好佐賀藩平敷屋朝敏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android