コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日寛 にちかん

2件 の用語解説(日寛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日寛 にちかん

1665-1726 江戸時代前期-中期の僧。
寛文5年8月8日生まれ。日蓮宗。江戸常在寺の日精,日永に師事。上総(かずさ)(千葉県)の細草檀林化主(だんりんけしゅ)をへて,享保(きょうほう)3年駿河(するが)(静岡県)大石寺26世となる。享保11年8月19日死去。62歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。俗姓は伊藤。字(あざな)は覚真。通称は大弐阿闍梨(だいにあじゃり)。号は堅樹院。著作に「安国論愚記」「観心本尊鈔文段」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日寛

没年:享保11.8.19(1726.9.14)
生年:寛文5(1665)
江戸時代の日蓮宗の学僧。堅樹院と呼ばれた。江戸下谷常在寺の日永に従って得度。上総(千葉県)の細草檀林(学問所)に学び,のち駿河(静岡県)の大石寺26世となる。『観心本尊抄聞書』『六巻抄』など多数の書を著して興門(日興門流)教学の大成に努めた。日蓮を末法の本仏と仰いで釈迦以上に尊重し,富士山に本門戒壇を建立すべきことを主張する。日寛の教学は以後大石寺・日蓮正宗教学の骨格をなした。なおその日蓮本仏論は大石寺を経て,現在の創価学会に継承されている。<参考文献>堀日亨編『富士宗学要集』

(佐藤弘夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日寛の言及

【大石寺】より

…近世に入ると,蜂須賀至鎮の室による祖師堂の建立,6代将軍徳川家宣の室による諸堂の建立がそれぞれ行われた。近世,大石寺を興隆させたのは26世日寛(1665‐1726)で,堂宇坊舎を建立したばかりでなく,《六巻抄》その他の著述によって大石寺教学を樹立,門下の育成に努めた。明治維新後,日蓮系諸教団は,一致派と勝劣派の二つが組織され,大石寺は勝劣派に属したが,1876年富士五山および京都要法寺,安房妙本寺,伊豆実成寺は勝劣派から分離して日蓮宗興門派を公称,さらに1900年,大石寺は独立して日蓮宗富士派となり,12年には日蓮正宗と公称するにいたった。…

【日蓮正宗】より

…この系統は日興門流,富士門流とよばれ,大石寺,重須本門寺,富士郡西山本門寺,同下条妙蓮寺,小泉久遠寺が富士五山として中山寺院であった。近世にいたり,大石寺26世日寛が大石寺教学を大成した。明治維新後,政府による教団統合の結果,大石寺は勝劣派に属し,1876年富士五山その他は合同して日蓮宗興門派を結成,99年には本門宗と改称したが,翌年大石寺は独立して日蓮宗富士派と称し,1912年に日蓮正宗と改称して現在にいたっている。…

※「日寛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日寛の関連キーワード日空沙門日東日朗一致派祖師本化能勢妙見日鑑(1)日導日典

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日寛の関連情報