コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日峰文朝 にっぽう もんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日峰文朝 にっぽう-もんちょう

?-? 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。備中(びっちゅう)(岡山県)華光寺の英岩希雄の法をつぐ。明応のころ摂津霊松寺(大阪府)をひらき,文亀(ぶんき)元年(1501)周防(すおう)(山口県)闢雲寺の住持となった。摂津出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日峰文朝の関連キーワード戦国時代室町文朝曹洞

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android