英岩希雄(読み)えいがん きゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

英岩希雄 えいがん-きゆう

1417-1491 室町時代の僧。
応永24年生まれ。諸国で修行したのち,周防(すおう)(山口県)の曹洞宗(そうとうしゅう)闢雲寺(のちの泰雲寺)の大功円忠に師事し,その法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,備前(岡山県)華光寺などをへて,師の跡をついで闢雲寺住持となる。文明12年僧堂を再興した。延徳3年7月8日死去。75歳。陸奥(むつ)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android