コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本カーボン にっぽんカーボン

2件 の用語解説(日本カーボンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本カーボン
にっぽんカーボン

電極製造を中心とする窯業会社。 1915年設立。国産初の電極工場を横浜に完成し,天然黒鉛電極の製造を行なった。 21年に直径 24インチの特大型電極,24年にアルミニウム電解用電極の製造を開始。 49年不浸透炭素製品の工業化を行いカーボンの新領域を開拓。炭素製品の多角化をすすめ,高純度カーボンなどを手がける。売上構成比は,人造黒鉛電極 52%,ファインカーボン 19%,ニカロンなどの新製品 11%,化成品9%,その他9%。年間売上高 221億 4400万円 (連結。うち輸出 34%) ,資本金 74億 200万円 (1998) ,従業員数 435名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本カーボン

正式社名「日本カーボン株式会社」。英文社名「Nippon Carbon Co., Ltd.」。ガラス・土石製品製造業。大正4年(1915)設立。本社は東京都中央区八丁堀。炭素製品メーカー。人工黒鉛電極の大手。ほかに高温炉内用炭素繊維半導体向け高純度処理カーボンなど多角展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード5302。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

日本カーボンの関連キーワード高校野球ブラッグエイクマン佐久間左馬太ジェラールシャノアーヌマクドナルド鉱物相包有物ライドル岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本カーボンの関連情報