コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本捕虜志 にほんほりょし

1件 の用語解説(日本捕虜志の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんほりょし【日本捕虜志】

長谷川伸の史伝。1949‐50年に《大衆文芸》に連載,55年私家版として刊行。日本人がどのように捕虜を遇してきたかを,丹念な資料調査を踏まえ,挿話や物語として再現したもの。663年(天智2)の白村江(はくそんこう)の戦から説き起こし,とくに日清・日露両戦役での捕虜問題に多くの筆を割き,捕虜に対する敬意,思いやり,人情などを描いて当時の日本人の美質を明らかにした。発表時,戦勝国の一方的な軍事裁判への抗議と,敗れた日本人へ自覚をうながすものと受け取られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本捕虜志の関連キーワード長谷川鶴洲長谷川夜伯長谷川玉粹古史伝長谷川派長谷川長谷川流梶野悳三長谷川清(2)長谷川基連

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本捕虜志の関連情報