コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本捕虜志 にほんほりょし

世界大百科事典 第2版の解説

にほんほりょし【日本捕虜志】

長谷川伸の史伝。1949‐50年に《大衆文芸》に連載,55年私家版として刊行。日本人がどのように捕虜を遇してきたかを,丹念な資料調査を踏まえ,挿話や物語として再現したもの。663年(天智2)の白村江(はくそんこう)の戦から説き起こし,とくに日清・日露両戦役での捕虜問題に多くの筆を割き,捕虜に対する敬意,思いやり,人情などを描いて当時の日本人の美質を明らかにした。発表時,戦勝国の一方的な軍事裁判への抗議と,敗れた日本人へ自覚をうながすものと受け取られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本捕虜志の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎森一生ドッジ・ライン今井正木下恵介中国共産党久松静児マキノ雅広レイ(Nicholas Ray)

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本捕虜志の関連情報