日本特許情報機構(読み)にほんとっきょじょうほうきこう(英語表記)Japan Patent Information Organization(JAPIO)

図書館情報学用語辞典の解説

工業所有権情報の総合サービス機関.1971(昭和46)年,国会決議に基づき政府および経済団体連合会(当時)を中核とする民間の財政的協力により誕生した日本特許情報センターが前身である.その後,1985(昭和60)年,特許情報事業の一元化を図るべきであるという通商産業省(当時)と特許庁指導により,発明協会の特許情報サービス部門を統合して再編された.事業内容は,特許データの作成・整備,出願書類複写,原簿複写,優先権証明関連業務などで,オンライン検索サービスPATOLISなどの営利事業は2001(平成13)年に株式会社パトリスに譲渡

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android